鰻のさばき方
〜関東〜
関東ではウナギは背開きが基本で、昔の関東は武士道精神が根付いた文化で、腹開きは=切腹を意味する物として好まれず、背開きになったというのが有力な説です。
さばき方だけではなく調理方法も違いがあり、一度素焼きしてから、蒸し、それからタレを付けて焼き上げる。
と言う方法が関東では一般的です。また背開きにする事で、ウナギの腹に乗っている脂を逃さないと言う利点もあるようですね。
しかし、鰻のさばき方にも武士道精神を取り入れる心は「大和魂」!を感じますね。こういった伝統的な日本の文化や心が薄れがちなこの世の中にも、このように食べ物や言葉に残されている文化を大切にしてゆきたいものですね。

〜関西〜
昔から日本人の大好物!と言えば「うな重」と答える人も多いのではないでしょうか?そのウナギのさばき方にも関西と関東に大きな差があるのです。
関西では鰻を腹から開き、頭を付けたまま金串を刺し焼き上げます。そのルーツは昔から商人の町として栄えてきた大阪は「お互い腹を割って話しをしよう」そんな意味合いがウナギのさばき方に反映されたものらしいです。

このように、鰻のさばき方一つをとっても、関東と関西でその土地柄に合った意味合いを持ち、願いが込められている日本の心は美しい!

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る