関東関西のうどん・そば
〜関東〜
関東風のうどんは濃い目の味付けで、ダシは鰹だしが基本!
関西とは逆に、関東の水は硬水のため昆布より鰹の方がダシが出やすい為といわれています。

関西の方から言わせれば「こんなん辛くてくえるかい!」と味の濃さに東西で相当の差があるようですね。
大阪人はお好み焼きやたこ焼きなどコッテリとした食べ物が好きなのに、うどんに関してはは繊細な感覚を持っているようです。

〜関西〜




関西のうどんはまず出汁が透き通っていて、昆布だしが基本!
関西の水は軟水の為、昆布のダシが染み出しやすいとの事から昔から昆布ダシが主流のようです。

昆布から取ったダシで汁を作り、関東と比べ色も味もかなり薄め!そして関東人の僕がもっともビックリしたのは、関東ではあげたまの乗ったうどんを(たぬきうどん)と呼ぶことが当たり前だったので、いつものように、たぬきうどんを頼もうと思ったら写真に油揚げが乗ったうどんの姿が・・・。!「コレはきつねうどんでは?」と疑問に思いながらも大阪では「天カスうどん」「ハイカラうどん」など呼び、油揚げを乗せたものをたぬきうどんと言うそうで・・・、よそ者丸出し!しかも良く見てみるとセルフで天カスがカウンターの上に置いてあるではないですか!

関西のうどん屋さんはセルフサービスで揚げ玉が置いてあるところが多くてビックリしました。
ちなみに関西ではうどん屋さんの定番メニュー刻みうどん、刻みそばはほとんどありません。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る