チャーハン
〜関東〜
こちらでは普通にチャーハン(炒飯)関西とは逆の「卵→ごはん」の順に炒めていくもの。塩やこしょう、醤油や様々な調味料が使われる。調理器具はフライパンや中華鍋を使用。中華料理店では東西関わらず定番メニューとしてなくてはならないもの。また中国から伝わってきた際、関東では焼き飯と焼きおにぎりが混同したため焼き飯をチャーハンと呼ぶようになったらしい。

〜関西〜
余ったご飯も炒めなおすことでチャーハンとして輝きを取り戻します。入れなくてはいけないとされる具材は特になく、誰でも気軽に作れるメニュー。「チャーハンの元」の登場でより、余程のことがなければ安定して成功するようになった。

「焼き飯」と言われる物が関西でのチャーハン。しかし作り方や味に差があり全く同じものというわけでなさそうです。こちらではご飯を炒めた後に卵を入れるらしく粉物文化(お好み焼きなど)による影響といえます。鉄板が用いられ、ソースで味付けする人が多い。家で作るものを焼き飯と言いお店で食べるものをチャーハンと言う人もいる。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る