月見団子

〜関東〜
僕が「月見団子」といったらパッと思いつくのがコレ!一口サイズの丸いお団子をピラミッド型に積み上げた物でコレを見ると秋だな〜と感じますね。しかし、良く考えてみると実際に見たことあるのは1度くらいしかないですね。
15夜にお月見をするわけですが、お団子とススキを飾り、ルーツは中国の収穫祭にあるといわれています。ススキは魔よけになるとされ、お月見が終わったあとも直ぐに捨てたりせずに、庭にさしたり玄関に飾ったりするのが良いみたいですね。

その他食べ物で秋を感じる物といえば、マックの月見バーガーが販売される時期になると「今年ももうそんな時期か〜」と毎年言っているような気がしますね。ちなみに関西では「マクド」と言うんですよね?

〜関西〜
コレが関西の月見団子!どう見てもこっちの方がおいしそう。芋形?というのか細長い形に餡子が乗っている物で、全部は包まず「餡子をかぶせている」ような形ですね。関東では見た事がないので、月見団子とは分からないです。

夏の暑さから開放され澄んだ空気の中で見える月はハッキリ見えとても綺麗ですよね!その月に見える黒い部分の模様が「ウサギの餅つき」などと言われますが、中国では「大きなカニ」で西洋では「女性の横顔」のように見えるそうです。その国によって月の見える角度が微妙に違うので、このように見える模様も違ってくるようですね。ちなみに月の裏側はこのような「月の海」と呼ばれる黒い部分はほとんど見られないようです。(月に水はありません)




写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る