関東・関西 畳の違い
〜関東〜
関東では江戸間が主流で、建物を作る際に作業の効率化を図るために柱のサイズが規格化されました。そんな訳で部屋の柱の内側に畳を敷くようになったので、柱の分 畳のサイズ(850mm×1760mm(5尺8寸×2尺9寸)一回り小さくなったといわれています。そのため関西の人が関東の家の六畳間を見ると狭く感じるのです。畳のオリジナルは関西にあるので昔は京間を「本家間」、江戸間を「田舎間」とも呼ばれていたそうです。

この日本でもそういった建物の技法の違いはタップリありますよね!
宮大工さんは一人一人感性で様々な技法の中でオリジナルの形を編み出していたそうです。

〜関西〜
実は関東と関西では畳の大きさも違う!関西では「京間」と呼ばれ、畳は平安時代に使われだしたと言われ、その時代は部屋一面に畳を敷くのではなく一枚か二枚を部屋に敷くだけだった。
室町時代に入ると部屋一面にしかれるようになったとされているが、最初は布団のように使わないときは積み重ねて部屋の隅に重ねて置いていたそうだ。
そしてこの頃から畳の規格サイズが初めて生まれ、それが現在の関西地方で使われている「京間」になったそうです。
この作りは室町時代に作られた部屋の作り方で、畳の大きさに合わせて部屋の構成を立ててゆく
方法で畳の大きさは955mm×1910mm(6尺3寸×3尺1寸5分)のサイズで作られています。

関西と関東では関西の和室の方が同じ六畳間でも広くなんだか得した気分に浸れるので
関東の方も部屋を作る時は「京間」にしてください!と大工さんに頼むことで、生涯すごすことになる
家で毎日お得な気分が味わえます。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る