線香花火の長手とズボ手
〜関東〜
名称:「長手牡丹」
昔から和紙や松煙が豊富なことから長手牡丹と言われる線香花火が作られ好む人も多い。全体が紙製で出来ていて、こより(細紙をひねり紐状にしたもの)様なもの。火薬を入れた和紙を長くなるように巻いたもので垂らして使用する。色とりどりで子供にも人気。双方持ち方に差があるのは先端にひかる火球の落ちにくさの特性のため。

〜関西〜
瞬く間に美しく光る線香花火。東西で呼び名が違うものはよくありますが、こちらは形まで別物です。

名称:「スボ手牡丹」
このスボ手ボタンは先端に黒色の火薬を塗ったもの、こちらでは主流です。ななめ上から一本ずつ先端に火を付け使用する。ちなみにズボとは藁の意。仏壇に供えられた線香に酷似していたことから名がつく。こちらが線香花火として発祥、むこうには藁が豊富でなかった為別の型となった。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る