関東と関西の桜餅の違い
〜関東〜
関西の桜餅は(小麦粉白玉粉 )を使い生地を作り、フライパンなどでクレープのように生地を焼き餡を包むのです。ワッフルに近い形をしていて、餡の黒と生地のピンク、桜の葉の緑が綺麗なコントラストを出していて、とっても春っぽいイメージのお菓子ですね。日本の春と言えば桜ですよね?桜と言えばピンクですよね!だから日本人はピンクは春の色と連想できるのですが、外国人の方は春と言ったら何色をイメージするのでしょうかね?


〜関西〜
春を感じさせるお菓子「桜餅」そのルーツは江戸の向島にある「長命寺」が発祥とされていています。
関西の桜餅は別名「道明寺桜」とも呼ばれ「道明寺粉」と言う関東にはあまりなじみの無い生地を使い、おはぎのように餡を生地で全部包み込み桜の葉を巻けば、関西の桜餅になります。食感は関東の物と多少異なり個人的には関西風の桜餅の方がすきです。

桜餅と言えば、桜の葉を取る人やそのまま食べる人と意見が分かれる食べ物でもありますよね!?
僕は桜の葉を取って食べるのは、桜餅の意味を成さないと思うのですが皆さんはどうでしょうか?

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る