関東と関西の水引違い
〜関東〜
関東では一般的に仏事の時は「白と黒」の水引をしようします。関東で黄色と白の水引は見た事無いですよ。

話は変わりますが、僕は冠婚葬祭はどうも苦手ですね〜。特にお葬式や法事など厳粛な空気に耐えられない!
そんな笑っちゃいけない時に限って、面白い事が頭に浮かんだり、過去に爆笑した事で、、思い出し笑いしそうになったり、逆を突く癖があるみたいで・・・。もちろん親しかった人や、関係の深い人の仏事なら別ですが、数回しかあったことの無い遠い親戚のおじいちゃんとか、正直泣けない。
だから余計なこと考えちゃうのでしょうね!

〜関西〜
冠婚葬祭は様々なしきたりがあり、いざ本番になると「これでいいのかな」?と少し不安になるもの。
特に 冠婚葬祭に使われるお金を包む、ご祝儀袋やお布施はその地方のしきたりや、様々な「結び」があり難しいですよね。

「蝶結び」は退院祝いなどに使うと良くないとか。「何度も繰り返して欲しくない」そんな時は「蝶結び」は最悪!

そしてややこしいのが地域によって水引の色が違う事。関西特に「大阪」では仏事の際は「黄色と白」の水引を使う事が一般的になっていて、関東ではほとんど見る事はありません。

だから関西に親戚がいる人は注意が必要ですね。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る