〜関東〜京浜工業地帯




京浜工業地帯:

関東最大の工業地帯と言えば、小学校でも習う、大田区周辺の西東京から川崎、横浜周辺へと伸びる京浜工業地帯ですよね。 現在はやや北に伸び、埼玉南部まで数多くの工場が建てられています。 自動車部品や造船などの重化学工業を中心に、様々な製品を製造し、東京川崎横浜の三つの港から輸出などを繰り返してきました。 近年の不景気による煽りを大きく受けていて、現在は生産量や工場そのものの停止などと言った縮小の兆しが強くなってきてしまいました。

〜関西〜阪神工業地帯
阪神工業地帯:

大阪を中心に湾岸部に沿って建てられている工業地域。北は兵庫から南は和歌山まで縦に長く伸びています。 特に医療、科学関係の研究施設や工場が多く、全国的に有名なロート製薬や武田薬品などの主要工場も設置されています。 また、神戸周辺には日本屈指の造船工業地域も含んでおり、多様な製品の製造が続けられています。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る