コリアンタウン比較

新大久保



新大久保・百人町を含み、関東最大のコリア・タウン。特に新大久保駅の周辺は朝鮮や韓国系、インドやタイなどアジア系の移民が多く居住し、それらの外国人向けの料理店や雑貨店がたくさんあります。

大久保の場所は新宿区の大久保一丁目から三丁目にかけての地区を指し、新大久保駅は山手線の新宿の隣(池袋方面)です。昔、新大久保の隣の高田馬場に住んでいたときに新大久保にも行ったことがありますが、学生の町でライブハウスなども多い高田馬場に対し、新大久保はもっとマニアックというか・・独特の雰囲気だったような気がします。表面上は普通の住宅街なのですが、一駅違うだけで雰囲気は違っていましたね〜。あの空気、嫌いではないですが^^;朝鮮語が壁に大きく書かれた朝鮮人専用アパート(たぶん)を見たことがありますよ!

鶴橋商店街&コリアンタウン




鶴橋駅前は韓国系移民が多く住み、在日コリアンによってつくられたコリアタウン(朝鮮市場)が日夜問わず賑わっています。焼肉店など韓国料理店、朝鮮系衣料店や雑貨店のほか、スーパーコピー品を売る偽ブランド商品店なども乱立しています。大阪市生野区の桃谷にある生野コリアンタウンも同様、焼肉の美味しそうな煙が充満するアジア系やアメリカ系などの移民が往来する関西を代表するコリアンタウンです。特に鶴橋駅周辺は環境庁の“かおり風景100選”なるものに選ばれているんだとか!

生野コリアンタウンの東には「百済門」という門が建っており、見るからにアジア系の雰囲気が漂っています。日韓ワールドカップサッカーや近年の韓流ブームの影響で一躍有名になり観光客が増えたため、アジア独特の雰囲気は薄れていってしまうかもしれませんね。

治外法権とまではいかないけれど、日本なのに日本ではない独特のムードというか・・。そして本場のキムチや焼き肉の味は日本のものとは一味違う、本場の味です。軽く海外旅行気分が味わえるかも??


写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る