JRのICカードの違い
〜関東〜
「スイカ(SUICA)」:JR東日本発行の電子マネー内臓ICカード、ペンギンがマスコットで関東圏のメインはこちら2600万以上の発行があります。「スイスイ行けるICカード」の意味合いを持ち、どのICカードにも手軽で早いという認識ができました。最大20,000円までチャージでき、対応した店などで商品の支払いが可能です。また様々な種類があり、子ども用のスイカまで発行しています。
別に東京モノレール用「モノレールSuica」・東京臨海高速鉄道用「りんかいSuica」もあります。

〜関西〜



切符購入の手間を省いた便利なICカード、まったく見たこともないカードもあちらでは主流だったりします。

「イコカ(ICOKA)」:JR西日本発行、カモノハシの「イコちゃん」をマスコットに採用。「こどもICOKA」やクレジット決済でのチャージ(入金)が可能な「SMARTICOKA」もある。残念ながら新幹線には対応していないがこれらで使用できる販売機やコインロッカーなどがあります。
「ピタパ(PiTaPa)」:プリペイド式の多いICカードの中で珍しいポストベイ、いわゆる後払い方式のもの。「ピタッとタッチしてパッと乗る」をキャッチフレーズとし電子マネーが使える。残念ながらマスコットはいません。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る