若者ファッションの聖地と言えば?

〜関東〜竹下通り
竹下通りは世界的にも有名で海外からの観光客多くファッションの聖地として不動の位置を確立しています。しかし小規模の店舗が乱立しており数年でお店が変わるのが特徴です。 歩行者天国も有名で昔は竹の子族なる方達もいました。 この町を愛する年齢層は低く十代から二十代前半のコスプレイヤーや個性的なファッションの若者が地方から週末や祝日、連休、夏休み、春休み等に大量に訪れ街はお祭り騒ぎのような大活況になります。 アラフォーから上の世代の方には買えるようなものは売ってないかも?しれません。



〜関西〜アメリカ村
アメ横VSアメ村で登場したアメリカ村ですがここでも登場!アメリカ村は関西を代表するファッションの街として関西では君臨しています。 小規模ではあるが独特の衣類や靴などを販売するお店が通り沿いに並んでいます。 しかし治安の悪さが祟り、観光客も激減状態で街にはアメリカ村安全安心宣言なる張り紙も見られました。 こちらも海外からの観光客も多いです。 三角公園が街の中心になります。しかし公園っていっても微妙な大きさが印象的です。 現在アメリカ村では監視カメラ(24時間稼動)が設置され警察からのお知らせ毎日のように流されています。 




写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る