エスカレーターの違い
〜関東〜
東京圏ではこの乗り方が普通。左に立ち止まり、右は歩いて登る人。以前に左に立ち止まっていて、あからさまに嫌な顔された事があったなー。って言うか階段あるんだから階段使えよっ!って感じですよね。

関東ではこの乗り方が基本となっているようですが、エレベーターの正しい乗り方としては中央に立ち、歩いて登らない。と言うのが安全面的に正しい乗り方だそうです。だからどっちが正しいと言うわけでなく、どっちも間違っている!と言う事なので、関東の人が関西に、関西の人が関東に来て、逆の乗り方をしていたとしても、文句を言わずに乗りましょう。急いでいる人は階段を使いましょう。

〜関西〜
関西の人はエスカレーターに乗るときは(右に立ち止まる人 左は歩いて登る人)自然にその形が定着しているようです。アメリカやイギリスなどでも大阪同様の乗り方で、つまり大阪は世界基準のエスカレーターの乗り方をしているって事か!?
しかし、話には聞いた事があったもののここまで明らかな差が写真で取れるとは思いませんでしたね。
関西人は良く「イラチ」せっかちと言われますが、その性格がこの写真を撮影している時に気付いたのですが、右側を歩いて登る人が多くでビックリしましたね。立ち止まっている人より圧倒的に多かったような気がしますね。

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る