恵方巻き

〜関西〜



恵方巻きは関西で多く食べられるまき寿司のことです。節分の日にその年の恵方に向かって、目を閉じて、一言も言葉を発さず無言で願い事を思い浮かべながら 恵方巻きをまるかぶりするのが習わしです。願い事が叶う!無病息災、商売繁盛といった幸運がおとずれるといわれています。七種類の七福神に絡んだ具材を入 れて巻いて食べると福を食べるという意味合いもあります。もともとは関西の道頓堀で行われたイベントからマスコミによって恵方巻きは関西全体に広がりまし た。コンビニなどでも売られています。節分前後は必ず並んでいますよ。今や全国のコンビニエンスストアに並ぶ勢いになっています。もちろんスーパーでも売 られています。恵方巻きの名前の由来は恵方を向いて食べるということで、恵方には歳徳神がいるといわれています。巻き寿司を一本まるごと切らないでという のには「縁を切らない」という意味がこめられています。


個人的感想:関東圏ではコンビニエンスストアーや大手の弁当店、全国展開を行っているスーパーなどが恵方巻の予約受付をしています。 まだ地元未着のお店や個人経営のお店は2月3日に太巻きを食べることに違和感?があるのか?販売も受付もしていません。私の知り合いも2月3日に恵方に向かって太巻きをたべているという人はまだいません。コンビニなどにとってはバレンタインデーみたいな大事なイベントなんですかね???

写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る