穴子の食べ方

関東風

関東では煮アナゴや天ぷらが主流です。特大の穴子の天ぷらや、少し甘めの煮アナゴなど、どちらも料亭や寿司屋などで大人気のメニュー。江戸前寿司の代表的な種の一つです。天ぷらには少し小さめのアナゴの方が向いているみたいですよ。
煮アナゴにもいろいろあり、短時間で一気に煮る沢煮と、長時間じっくり煮て溶けるように柔らかいものがあります。前者は醤油の色が染み込む暇もないので仕上りは白色なんだとか。


関西風

アナゴと鰻、味も見た目も似ているけど別の魚。鰻は淡水魚(海にも出るので厳密に言えば回遊魚)、穴子は海水魚。鰻のさばき方が東西で違うのは他項でも触れましたが、穴子の調理法にも違いがありました!

蒲焼や白焼きなど焼き穴子が主流。特に瀬戸内海周辺の関西地方でよく見られるようです。瀬戸内海近辺の人気メニュー、「穴子飯」は焼き穴子がのっている丼もので、香ばしい香りと食感が最高の逸品です。大きいものは干物にしたり、稀に刺身にすることもあるみたいですよ。



写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る