揚げせんも東西では名前が違う?

歌舞伎揚げ




関東で揚げせんべいと言えばこの「歌舞伎揚げ」!醤油味の利いたサクサクした触感で止まらなくなる一品!しかしなぜ「歌舞伎」なのか?その由来を調べてみた所、日本の伝統文化 歌舞伎と日本に古くからある庶民のお菓子せんべいを結びつけ、伝統文化を伝えようと歌舞伎の定式幕の「緑・黒・赤」のパッケージにし歌舞伎揚げとして販売したそうです。結論から言えば何の接点も無い!しかし現代となってはその名が定着して、揚げせん=歌舞伎揚げと言うイメージが関東のみならず広く浸透している。
表面の凸凹と形は家紋らしく、丸型は片岡仁左衛門家、四角型は市川団十郎家とのこと。
もしかしたら上品なお菓子なのかと思いつつ見たところ、今は食べやすさ重視らしく家紋はよく分からなくなっていました。

ぼんち揚げ




揚げせんと言ったら関西では「ぼんち揚げ」!会社名そのままにぼんち株式会社から発売されている庶民の味!関東の醤油味が利いた歌舞伎揚げより甘く、色も控えめな懐かしい味がしてとてもおいしかったです。
ぼんち揚げの名前の由来は昭和38年、大阪の作家、山崎豊子が「のれん」「花のれん」に次ぐこの作者の「大阪もの」第3作「ぼんち」が週刊新潮で連載され、ベストセラーとなったのにヒントを得てその「ぼんち揚げ」と名付けたそうです。当時んのCMには漫才コンビのやすし・きよしや明石家さんま、木の実ナナなどが登場しその名を一躍関西に広めたのだ!


写真で見る関東関西の違い

TOPへ戻る